手続きと廃車後の活用

手続きと廃車後の活用

もう乗らなくなったクルマは、廃車の手続きをして“御役御免”となります。 廃車には2通りの手続きがあり、まだ十分に動くし買い手もいるという場合には、「一時抹消登録」という廃車手続きをし、ナンバーを返納して次のオーナーのところに行く準備をします。 もしも、もう完全に乗ることはない、解体しても良い、という場合であれば、「永久抹消登録」と呼ばれる手続きによって、そのクルマはただの鉄の塊となります。

後者の抹消登録による廃車は、そのクルマは二度と国内で使用しないというのが前提となります。 ここでの使用とは、あくまで“クルマとしての使用”のことを差しているのであって、たとえ永久抹消登録を行なっても、そのクルマの部品や資材としての利用価値は多くあるのです。

鉄の取引相場価格が下がっている昨今、鉄が大部分であるボディやフレームは大きな目玉とはならないのですが、多くの部品で構成されているクルマは、それぞれの部品単体での利用価値、流通の道は多く残っています。 廃車を予定しているクルマから取り外したパーツは、国内で中古部品として売買され、他の同車種の修理などに使っています。 また、日本車は海外では性能が良く丈夫であることで有名で、多くの国々に輸出されていますが、修理体制や、そのためのパーツの流通が十分でない国や地域も多いのです。 そのため、今では海外からも、修理・交換用のパーツを取り出せ、しかも安く手に入れることが可能な、廃車となるクルマに人気が集まっています。 ただし、廃車にしたクルマを解体し、部品を自分で外してオークションなどに出品する、海外に出す、ということが出来る人は多くはいないでしょう。

そこで、廃車を予定している時には、廃車買取を行なっている業者に買い取ってもらうことが多いのです。廃車買取は車買取の廃車バージョンのようなものです。 廃車買取を專門に行なっている業者であれば、廃車後のそのクルマの利用ルートが確保されているものです。 パーツをどのように流通させるかについて、販路をしっかり持っている訳です。 つまり、買い取った廃車から取り出したパーツで利益を上げられるので、廃車をお金を出して引き取ってくれる点が廃車買取のミソなのです。

廃車となるクルマを手数料などを徴収して引き取る解体業者もありますが、同じ廃車にするのであれば、お金を支払うよりも、その後パーツをいろいろなところで使ってもらえて、しかも有料で買い取ってくれる方を選ぶのは当然でしょう。